過敏性腸症候群【私はIBSです。】

過敏性腸症候群【私はIBSです。】

ストレス性の急な腹痛や下痢

過敏性腸症候群IBS

 よく見られているページ
過敏性腸症候群(IBS)とは
過敏性腸症候群(IBS)の症状
過敏性腸症候群(IBS)の治療
過敏性腸症候群(IBS)の薬
過敏性腸症候群(IBS)のガス型

 いきなりですが、私は過敏性腸症候群(IBS)です(笑)笑い事ではありませんが、この病気は私のように楽観的にとらえる方が、良くなる傾向があるんですよ!

 私の過敏性腸症候群の症状が出始めたのは、高校の受験勉強を始めた中学2年生の頃でした。

いつもお腹の調子が悪く、授業中に恥ずかしい思いをしてトイレに行ったり、徒歩での通学も非常に不安でした。コンビニのトイレや学校のトイレに駆け込んだこともしばしばありました。

そして、高校に入り電車通勤でしたが、これも私にとっては地獄でした。途中で何度も途中下車してトイレに駆け込んで、遅刻したこともよくありました。でも先生や友人には、本当のことは言えず、寝坊したとかサボってたんだよって言ってましたね...。

 過敏性腸症候群は、周りに打ち明けられないつらさや日常生活の苦しみが伴い、ただの腹痛と思って放置していて、私のように10年以上も苦しみ続ける方がたくさんいらっしゃいます。

 最近はテレビCMなんかでも、過敏性腸症候群について放送されたりして、少しずつ認知度は上がってきているのですが、まだまだちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか!?

 私は過敏性腸症候群(IBS)という病気をもっと世の中の人々に知っていただきたい、そして今苦しんでいる方は適切な治療を受けて、私のように社会で元気に仕事ができるようになってもらいたい!という思いで、このサイトを立ち上げました。

 皆さんには、過敏性腸症候群についての正しい知識を知り、病気をコントロールできるようになっていただければ、こんなにうれしいことはないなと思っておりますm(_ _)m

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→過敏性腸症候群(IBS)とは
サイトのTOPページへ